忍者ブログ
わかれば楽しい、できたらうれしい。 あんまり無理せず少しずつ、そんな感じで100点を目指していけたら・・・という、日々の記録です。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1416] [1414] [1413] [1411] [1410] [1408] [1409] [1407] [1406] [1405] [1404
今日の家庭学習は、理科の回路の学習+工作。
1年生のときに参加したサイエンス教室で作ったLEDの信号機を改良(修繕?)し、
家庭学習ノートにまとめたいと思います。



最終的には、
これにラズベリーパイを接続し、
スクラッチでプログラムして、青→黄→赤って切り替わるように制御・・・
というふうにしたいそうなんですが、


普段は、

「パソコンにつないで、電源を入れて、ソフトを起動して、ぴかぴか光るのを眺める・・・」

という使い方よりも、

「スイッチ押したら、すぐ光る」

という状態で、子供部屋に飾っておいた方が、身近に使えて楽しいような気がします。



なので、両方ともやってみます。

今日はまず、押しても点灯しなくなってしまったスイッチ
(テープののりのせいで、電気が通らなくなったのかな・・)を、
新しいものに取り替えて、手動で点灯するようにします。


電源は乾電池、
回路はブレッドボードを使い、
スイッチはタクトスイッチというパーツに。



今回使用するブレッドボードは、上下の赤いラインに+の電流が流れ、
青いラインが-の役割を果たすタイプのものです。


まず、スイッチ。
スイッチが大きくて、手前半分ではおさまりませんでした。
真ん中のくぼみをまたぐようにして配置しました。



ブレッドボード内は、内部で縦に回路がつながっています。
なので、赤い(+)のラインからスイッチの左足と同じ列に、電流を3つ分岐させます。
使っているのは、ジャンパーワイヤーという短くてかたいワイヤーです。




スイッチは、ボタンを押すと左右に電流が流れるので、
今度は、スイッチの右足と同じ列に、LEDにつながる導線を差し込みます。
スイッチの向こう側でも手前でも大丈夫ですが、スペースが広いほうにつなぎました。

*写真、さっきまでとは反対側から見ています。

電流は赤い導線を通ってLEDまで届き、黒い導線を通ってもどってきます。
黒い導線すべてをブレッドボードの青いラインに差し込みます。
青いラインが上下に2本ありますが、どちらを使っても大丈夫。
近い方の青につなぎました。
青いライン上でしたら、どこに差し込んでもOK。


最後に、黒い導線を差し込んだ方の青いライン(-)に電池ボックスの黒い導線を、
黄色いワイヤーをさしたほうの赤いライン(+)に電池ボックスの赤い導線を、つなぎます。

赤いラインのように、電流が流れています。

これで、
緑のボタンを押すと緑のLEDが、
黄色のボタンを押すと黄いろのLEDが、
赤のボタンを押すと赤のLEDが点灯するように、復活しました。



もとの後姿はこんな感じです。
図に表すと、スイッチつきのシンプルな並列回路です。

導線は、すべてストローの中を通り、土台の発泡スチロールから出てきています。
もとのスイッチも、アルミテープと色紙で作った物でした。
使っているものは身近なものばかり。
アイディアですね~!



明日は、ラズベリーパイとスクラッチを使って、
3つのLEDを順番に点滅させるプログラムをやってみます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
11/4   *HOME*   11/3
Handmade話題へ来てくださった皆様へ
ハンドメイド関連のリンクや検索をたどって、ここへ来てくださった皆様、大変申し訳ありません。 ただいま、ハンドメイドの話題はお休みさせていただいており、 無料型紙やレシピは、管理が行き届かなくなってしまったため公開を終了させていただきました。ですが、今でも見に来てくださってくれる方へ感謝の意をこめて、少しずつ再掲作業をしております。 本当に少しずつの作業ですが、よろしくお願いいたします。
Author:
のの♪
作品を販売しています♪
minneでの作品販売は続けております。良かったら、覗いてみてくださいね。
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]